話題のサレ妻。不倫をされた妻の本心とは?!

何かと世間を騒がせる不倫。今回は不倫をされた妻の心の闇にスポットライトを当ててみました!

■サレ妻とは何なのか?

最近は何かと芸能人の不倫のニュースが話題になっていますが、芸能人以外でも不貞行為は身近に感じる人も多いでしょう。

離婚している人のすべてが不倫が原因で別れたわけではありませんが、過半数近くが不倫によって離婚をしている現状があります。

どちらが原因かはその家庭によっても異なりますが、夫が原因の場合には妻はサレ妻と呼ばれるようになります。

■サレ妻の心の葛藤とは?

実際に夫が別の女性に気持ちが移ってしまった場合には、どのような苦しみがあるかといえばそれは人それぞれです。
もしいまだに夫のことを愛していたとすれば、ひどい苦しみをあまり感じないかもしれません。もしその場合であれば、立ち直るまでに時間がかかってしまうでしょう。
逆に、夫の事はどうでも良く苦しみを感じない人もいます。
ただ、いずれにしても不倫をされた側が不幸かといえば必ずしもそのようなわけではありません。

基本的に夫婦の関係はバランスできていますので、たいていは不倫をされる側にも原因があります。
相手が不貞行為に走り離婚をした側に話しを聞けば、相手の一方的な行為と言うかも知れません。
ですが、相手側からすれば相手のことを悪く言うでしょう。
世間一般的に不貞行為に走ること自体が悪だとされていますが、男性側にもそれなりの理由があります。

例えば、男性側が女性側に対して肉体関係を求めても何の反応も示さない場合や、ひたすら拒否をする場合にはほかの女性に走りたがる気持ちもわかるはずです。
男性の立場からすれば、日々性欲がこんこんとわき出てきますのでそのまま放置しておくわけにはいきません。
一人で行うこともできますが、基本的に肌と肌が触れ合う行為の方が興奮し魅力的と感じる男性がほとんどですので、一人で行っていてもむなしくなるだけです。
そのような男性は、風俗などに行けば済みますが女性がそれを許してくれなければほかの女性に走り不貞行為を行うしかなくなります。
もちろん女性からすれば、家事や育児そして外で働いて疲れているのに、わざわざ相手をする余裕はないと感じるでしょう。
しかも、性欲がわいていない時に無理にしたいと考えないはずです。そのように考えれば、自然と性行為が遠のく理由も理解できるでしょう。

女性側からすれば、男性の性欲のことはよく理解できないためそのまま放置してしまう傾向があります。
確かに世の中には女性を求めず自分一人で処理をする男性もいますので、女性が相手にしてくれなくても必ずしもほかの女性と不貞行為することには結びつきません。
いずれにしてもケースバイケースになりますので、相手の男性がどのように考えているかで不貞行為に走るかそれとも一人で処理をするかが決まってくるところです。

このように、男性の立場から見た場合と女性の立場から見た場合ではそれぞれ見解が異なるため、どちらも相手のことを理解していないとすればそのまますれ違いが起こり、結果的に不貞行為に走るようなことは少なくないです。
これは何も男性側ばかりでなく、女性側もほかの男性と不貞行為に走るようなことは考えられます。
当然女性側とすれば男性があまりにも淡泊で性行為をしたいと考えていても相手にしてくれない場合は、ほかの男性と性行為をするようなことに発展してしまう場合もあります。

このようなことを可能な限り防ぐためには、相手のことをよく理解することが重要になります。もちろん夫婦といっても他人になりますので100パーセント相手のことを理解することはできませんし、相手に対してそこまで理解を求めてはいけません。
ですが、50パーセントぐらいは相手のことを理解するつもりで行動していけば、おのずと不倫などはなくなり結果的に苦しみから遠ざかることができるでしょう。

■サレ妻にならないためには?

男性側が理解するべきことは、女性は男性ほど性欲がないことが多い点です。
一方で男子は、定期的に射精をしなければ性欲がおさまりません。
これは、子孫繁栄のために本能的に存在する仕組みになりますのでこれを変更することはできません。
女性の立場からすれば、その点をよく理解してあげることが必要で、毎回男性の相手を無理してする必要がありませんが、3回誘われれば1回ぐらい相手にするぐらい気持ちに余裕を持つ必要があります。

また、結婚してから女性の体重が増えてしまい理想的なスタイルとはかけ離れてしまった場合にも、男性がほかの女性に走ってしまう可能性が考えられるでしょう。
そのような場合には、結婚した頃のスタイルに戻すなどの工夫が必要です。
相手のことを考えて、そして自分自身のためにも、継続的に努力をする姿勢は大事になります。
これに対して男性側は、女性側が男性のように性欲を持っていないことを理解する必要があります。
もしかすれば、男性がみっともない身体なってしまったため女性の方は男性に対して魅力的と感じなくなったのかもしれません。
特に40歳を過ぎたごろはおなかが出てくる男性が多く、結婚した当時のようなスタイルではなくなっている可能性があります。
このような場合は、男性も女性の気持ちを理解するとともに自分自身の肉体を磨きあげて改めて妻が惚れ直すぐらいの見た目にしましょう。

男性も女性も、仕事や子育てを言い訳に自分磨きを怠らず、結婚後も魅力を増す努力が一番大事ですね。

関連記事

  1. 【性的に開発された私】セックスに相性があることを不倫を通してして知りま…

  2. 【私の不倫失敗談】既婚男性との最高のセックス ~堕胎で終わった恋~

  3. 不倫相手の彼氏に連れて行かれた、忘れられない最後のレストラン

  4. 昼顔の大ヒットで浮き彫りにされた、女性の不倫願望。

  5. 不倫相手から卒業するための3ステップとは ~妻と円満になるためのノウハ…

  6. 自由な結婚生活を送ろう!男性にとっての5つの結婚のメリット

  7. 【不倫が最高な理由】既婚男性をダマして2,000万円を稼いだ禁断のテク…

  8. 【30代40代男性必見】モテるスーツの着こなし術5選