【私の不倫失敗談】既婚男性との最高のセックス ~堕胎で終わった恋~

冷めた夫婦関係。つい不倫に走ってしまう男女。
そして不倫だからこそ、燃えるようなセックスができるのも事実でしょう。
でも避妊は最低限のオトナのエチケット。
それを怠った私の懺悔録を紹介しましょう。


結婚生活が破綻して・・・

私は結婚した頃、夫が好きでしたがだんだんと時間がたつにつれて冷めてきてしまいました。

もちろんこれは私だけの問題ではなく、だれもが同じような経験をしたはずです。

 

ですが、それだけではなく夫が私に対して冷たい態度をとることが多くなり、付き合っていたころとは全く別人になってしまったわけです。

半年間ほどは我慢をしていましたが、それ以上は我慢をすることができなくなったため他に男性を見つけようと行動していました。

インターネットの不倫サイトを使って

可能なかぎりばれないようにするためには、インターネットのサイトを利用しようと思ったわけです。

様々な不倫サイトがありますが、その中で既婚男性専用のところに登録してみました。

 

さすがに登録するときには罪悪感がありましたが次第に罪悪感も消えて行き、しまいにはそこにいることが非常に快感になったのです。

 

登録してから様々な男性と出会う機会がありましたが、そこから透けて見えるのはやはり私たち以外にも結婚生活がうまくいっていない人たちが多いのだと感じるようになりました。

 

普通の男の人だと、結婚しているときにはセックスを求めてきますが私の夫の場合はなぜか求めてくることがありません。

「もしかして夫は外で不倫でもしているのではないか?」と疑っていますが、いずれにしてももはやどうでも良いことのように感じてしまいます。

初めて不倫相手とホテルへ

私はそのサイトで出会った男性は、私と年齢がいっしょぐらいの30歳の男性でした。

見た目は普通でしたが、とても優しそうな感じがしてよい雰囲気だと感じました。

 

本当に体が目的でよいのかと疑問に思いましたが、男性の方は私を積極的に誘って来るため私も断ることができず、男性に言われるがままにホテルに行きました。

久しぶりのセックスで興奮はクライマックスに

久しぶりに男性の体を触り性行為に及ぶことになると、非常に興奮してきてしまいます。

私はその日のセックスで、2回ほど快感を得ることができたわけです。

 

今まででは味わったことがない快感に、私は何度も意識が飛びそうになりました。

世間では、「不倫は悪」とされていますが、実際にはそのようなことはないのではないかと思います。

定期的に会う不倫関係に

もちろん私は当事者なので、そのように考えただけですが世間一般的な反応はやはり良くないこととなっているでしょう。

ですが、私たちのような冷めた夫婦関係になってしまとき、どこにはけ口を求めたらいいのかわからず不倫をしてしまう人の気持ちが何となくわかるわけです。

 

一回だけの関係で終わると思いましたが、実際には毎週一回その男性とホテルであうようにして快感を得ています。

なかなかその快感を得ることが辞める気がせず、日ごろのストレスがすべて発散されるため私にはなくてならないもののように感じました。

 

どんどんその男性を好きになっていくのとは違いますが、結婚する前の状態に少し似てきたような気がしました。

 

体の相性と呼ばれるものはありますが、私たちは非常に相性が良いと感じます。

相手の男性も何回も快楽を得ていますので、おそらく私の方の性器も相手の男性に会っているのでしょう。

付き合っていたころ旦那とはしないような行為までしてしまい、自分も10歳ぐらい若返った気分になってしまうのは不思議なものです。

 

実は夫も不倫をしていることを知って

ある日、夫が不倫をしていることがわかりました。

私がもし誰とも関係を持っていなければその時に旦那を責めてしまうかもしれませんが、あえて私は黙認し、知らないことにしたのです。

 

なぜバレたかといえば、夫が風呂に入っているときに、スマートフォンに不倫をにおわすようなラインが入ってきたからです。

実によくあるパターンかもしれませんが、私の夫もこんなところで油断するとはまだまだ甘いと思いました。

コンドーム無しのセックスを懇願されて

それと同時に、自分も気をつけなければならないことを反面教師的に学んだ気がします。

男性との関係が2カ月続いたころ、男性はあることを言い出しました。

 

それは「コンドームをつけず、中で出したい」というわけです。

最初は拒みましたが、おそらく子供もできないだろうと思い、そのまま中で出してもらいました。

 

実は私たち夫婦には子供がおらず、もしかしたら私のせいではないかと感じていたのですが、その油断が失敗の全ての原因でした。

 

 

 

私の生理は、中で出した時から止まってしまいました。

妊娠し堕胎した私の失敗

1回目はそのようなことはありませんでしたが、毎週のように中で出すようになった時、生理が来ないことに気がついたのです。私は顔は青ざめてしまいましたが、相手に相談するわけにもいかず一人で悩んでいると、ある日相手から再びホテルでセックスをしようとの連絡が入りました。

 

 

思い切って私は相手に真実を告げると、そのようなはずはないと否定するばかりです。

私たちは、快楽ばかりを求めて本当に大事なことを忘れていたようでした。

それは、性行為をすることで子供ができることもそうですが、完全に無防備になっていたことです。

 

相手の男性も可能なかぎり責任逃れをしたいらしく、できてしまったことを否定しています。

仕方なく私は産婦人科に行き、堕胎をしました。いったいこの関係とは何だったのだろうと、今でも後悔しています。

関連記事

  1. 【不倫をあきらめている男性へ】女性への“奉仕の精神”が不倫を可能にさせ…

  2. 【30代40代男性必見】モテるスーツの着こなし術5選

  3. ベッキーの不倫報道のここが変!

  4. 【幸せな愛の結末】不倫相手の女性が妊娠してしまった。そのときの決断と対…

  5. 【不倫カップル必見!】不倫旅行でオススメの温泉宿5選。

  6. 【寄稿記事・我らのキャプテン。ケーゴ氏】婚外恋愛というピッチに立とうと…

  7. 【性的に開発された私】セックスに相性があることを不倫を通してして知りま…

  8. パート先の店長とダブル不倫しちゃいました。