【不倫初心者の女性必見】好みの男性にBarでナンパされたらどうする?

今回は旅先のBarで素敵な男性にナンパされた旅好き女子のお話です。

■男性との出会い

私は一人旅が趣味で、学生時代からよく一人で旅行に行っていました。

将来的には日本全国に行ってみたいと思うほどで、日本地図を買って行ったところを色で塗りつぶすというほどの気合の入れようでした。

そんな私が一人旅を行うようになったのは専門学生の頃で、親からの仕送りがあったので生活はそれで賄う事が出来ましたし、アルバイトもしていましたがそれで欲しい物を買ったり貯金をしたりと自由が効くお金として稼ぎがありました。

私の場合は趣味が一人旅なのでその旅費としてお金を使っていたのですが、そうは言っても学生という身分なので贅沢はできません。

まずは近い所からせめていこうと思い、岡山在住だった私は大阪に行ってみることにしました。

バスで3時間もあれば行ける近さでしたし、交通の便も非常に良かったので気楽に行くことができました。

そうして大阪に到着した時、何のプランもなかった私は一般的な観光スポットを巡り、夜は飲み会サークルが行われているダイニングバーに足を運びました。

事前予約が必要だけれど飛び込みも可能ということで、これも1つの経験だと思って行くことにしたのです。

隠れ家っぽいお店には私が行った時にはすでに20名ほど人が集まっており、お酒を片手に盛り上がっていました。

最初は不安でしたが、大阪ということもあってか参加者全員のノリがよく、飛び込みできた私を歓迎して迎え入れてくれました。

男性も女性もバラバラで、会話を楽しむだけではなくダーツやテレビゲームなどもあったので、各々がやりたいことをして過ごしていました。

私は女子3人グループの中に混ざって会話を楽しみ、時折男性が数名加入してきたのでいろんな人とのコミュニケーションがとれて楽しかったです。

盛り上がった飲み会でしたが、なんとなく飲み足りないと思った私は近くにあったBarに足を運びました。

仲良くなった現地の人を誘うことも考えたのですが、1人でゆっくり飲みたい気分だったので会場で別れを告げて1入りでBarに行きました。

入ったお店はビルの中にあり、一見分かりにくかったのですがネットで調べながら行ったのでなんとかたどり着くことができました。

ジャズが流れる薄暗い空間は、たくさんのグラスとお酒が並んでいました。

カッコイイジャケットを着たマスターとスタッフに出迎えられ、私は1人でカウンターに座りました。

「何を飲まれますか」と言われた時には正直焦りましたが、何杯かお酒を飲んだ後だったので何が飲みたいかも分からず、マスターにお任せして作ってもらいました。

「フルーツ系のさっぱりしたものがいいです。あとはお任せします」とだけ言うと、マスターはストロベリーカクテルを使ってお洒落なカクテルを作ってくれました。

少しだけレモンが入っており、炭酸でわられていたので非常にさっぱりしていておいしかったです。

私はお酒は好きですが、日本酒やビールなどの大人の飲み物はまだ飲めず甘いジュースのようなものしか飲んでこなかったのですが、マスターが作ってくれたものはそんな私にはぴったりなカクテルでした。

1人で飲んでいると、突然隣に1人の男性が座ってきました。

■非現実的な空間の中で

まだ20歳になったばかりの私から見るとその人は恐らく10歳近く年上で、お洒落なスーツをきちんと着て清潔感のある感じでした。

ほんのり香水の香りもして、普段から身だしなみをきちんとしている人なんだというのがすぐに分かるくらい大人な男性でした。

素敵だなと思っていたらその男性が声をかけてきました。「お一人ですか?」と尋ねられ、私は一人旅で来たから地元民ではないということを伝えると気さくに会話をしてくれました。

寂しくないようにと気を遣ってくれたのかなと思い私もとても嬉しかったです。

そんな男性から連絡先を教えてほしいと言われたときに、初めてこれがナンパだということに気づきました。

恋愛に耐性がない私からすれば非常に胸が高鳴る出来事だったのですが、よく見ると彼の薬指には指輪がありました。

おそらく外し忘れたのだろうと思ったのですが、それを見て私は純愛ではなく不倫だと思いお断りしました。

彼は「今度食事に行こうとかじゃなく、暇つぶし程度にメール相手をしてくれるだけでもいいよ」と言ってくれましたが、それは私が警戒した様子だったからそう言ったのでしょう。

もしこれで気を許してしまったら私はこの後どこかに連れていかれたかもしれません。

少女漫画のように素敵な出会いが私の所に訪れたのだと思ったのも一瞬のことでした。

きっと指輪が目に入らなかったらすぐに連絡先を教えてしまっていたでしょう。

その時ばかりはお酒を飲みすぎていなくて良かったと思いました。

非現実的な空間の中で経験した初めてのナンパはとてもロマンティックでしたが、不倫はダメだという理性の方が勝ってくれたので冷静さを欠いていなくて良かったと自分を褒めてあげたい気持ちになりました。

関連記事

  1. 【不倫初心者の女性のあなたへ】不倫での出会いはBarがオススメ?!

  2. 【不倫初心者女子向け】趣味で通っている英会話教室。実は外国人の先生に抱…

  3. 【不倫女子体験記】同じ趣味を持つ既婚者と不倫の関係になりました。

  4. 【不倫旅行こそ最高の快楽】既婚者の彼氏と楽しむ、特別な不倫旅行